食・料理

2015年12月24日 (木)

みんなで楽しく囲む食卓。岩﨑啓子さんの「野菜たっぷりのごちそうレシピ」。血糖値が気になる方も!(『明日の友』冬号)。

Img_0774

 
クリスマスお正月、久しぶりに集って食事をと計画される方も多いことでしょう。
料理研究家・管理栄養士の岩﨑啓子さんに、つくりやすくて血糖値や塩分が気になる方も一緒に楽しめるレシピをご紹介いただきました。
ステーキサラダ、鰤と野菜のトマトシチュー、白菜と蟹のクリームパスタ、海老と百合根の塩あんかけ炒め、牡蠣ときのこのレモンマリネ、和風ピクルス、そして柚子風味ムース……(すべてカロリー、塩分表示付)。
早速、今晩の夕食にいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

気軽につくれる ♪お麩deプリン♪ いかがですか?

___5

パンプディングならぬ「お麩deプリン」
口当たりもよく、これからの季節には温かいスイーツとしても喜ばれそう。
お麩は目の粗いものの方が卵液をよく吸ってよいようです。
カラメルソースのかわりにハチミツやメープルシロップ、黒蜜でも。
明日の友秋号に料理研究家・大塚公子さんが紹介してくださいました。「ほっこり美味しい魚介の料理」は人参としらすのリゾット、牡蠣の変わり春巻、鮭と蓮根の黒酢炒め、鰤の柚香蒸し、たらこ豆腐です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

夏こそカリー! 手軽につくれて野菜たっぷり インドの家庭の味を試してみませんか

11822427_617403528362872_90563059_2

インドでは人口の9割がベジタリアンだそうです。
明日の友で「毎日のヨガ」を好評連載中のセティ秀子さんが、夫アニールさんの家庭で習い覚えた味を、日本人にもつくりやすいレシピにまとめて紹介してくださいました。
市販のルーでつくるより、塩分、カロリーも控えめ。辛さも好みで調節できます。
バターチキンカリーオクラカリー豆カリー焼き茄子カリー、etc.
う~ん、とってもおいしい野菜たっぷりのカリーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

「脳いきいき生活」の野菜甘酢づけ

Img_0553_2_514x640

「脳にいきいき貯金を増やすには、頭と心の活性化、運動、食事が大切」と須貝佑一医師(社会福祉法人浴風会病院精神科医)。詳しくは夏号生活特集をご覧ください。
野菜を毎日、たくさん食べることも大事です。
記事でご紹介している甘酢づけを、早速わが家でも。
甘酢(酢1カップ+砂糖大匙4~5杯を煮てとかす)に好みの野菜を刻んで漬けるだけですが、冷蔵庫に入っていると簡単に野菜が食卓にのせられます。
この写真はパプリカ赤・黄各2個、きゅうり3本、人参1本入り(平たい容器やファスナーつき袋を使った方が混ぜやすいのでおすすめです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

大きな梨がとどきました。

岡山の読者、山科さん(p50に 投稿掲載)からです。

直径14センチ、重さ1キロと69グラム。 
有難うございました!

Dsc_1899
Img_20141210_113009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

寒い晩に、飛鳥鍋、ミートパイはいかがですか?

Dsc_0242_2

 

213号のお料理は奈良県・谷妙子さんの「温かく囲む食卓」。
13代続く林業の家に嫁いだ谷さんが、長年、大人数のもてなし、世代を超えた日々の食卓を用意してこられた中からのレシピです。
飛鳥鍋は牛乳をつかったお鍋。奈良の郷土料理で、飛鳥時代に唐からの渡来人が山羊の乳で野菜や鶏肉を煮込んだのが始まりとか。

Dsc_0310

ミートパイは若い世代にも人気の一品。このほか、チーズ茶碗蒸し、お刺身サラダ万能ソース添え、雪見汁、しゅうまい、人参のポタージュなど。
きょうの晩ごはんに、次の会食の機会に、おいしくてすぐ役に立つレシピです。
(撮影・泊浩久)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

和菓子の金塚さん&フランス菓子の白鳥さん

「贅沢な連載ですねえ!」と話すのは、カメラマンの鈴木正美さん。
春号からの新連載「季節のお菓子」は和・洋 交代でお届けします!
春・夏・冬号は和菓子家・金塚晴子さん
初夏・秋・早春号はフランス菓子の白鳥裕一さんです。
初回の春号は「葉桜もち」。
よもぎ粉をつかった金塚さんオリジナルの珍しい和菓子です。
Mp4110170_3

そして先週は、洋菓子バージョンの撮影で、白鳥さんのお店
1396840981924_4    

1396840972383_2

お店は埼玉県越谷市に。
カフェスペースの窓辺をお借りして、
撮影中の鈴木さんを撮影中の白鳥さん。
初夏号は「さくらんぼのクラフティ」。
コンポートの作り方もご紹介します。
☆1年間、お楽しみに!

続きを読む "和菓子の金塚さん&フランス菓子の白鳥さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『金塚晴子さんとつくる茶席の和菓子』

Photo_3

春号からの明日の友で、「季節のお菓子」を連載してくださっている和菓子家・金塚晴子さんの新刊のご案内です。

『茶の湯DVDブック 金塚晴子さんとつくる茶席の和菓子』

淡交社・刊 価格 2,200円+(税)

美しいカラーページとDVDで、茶席菓子8点、基本のあんこや生地の作り方がじっくり紹介されています。内容は、花びら餅、こなし、ういろう、薯蕷饅頭、ねりきり、きんとん、椿餅、干菓子……。詳しくは金塚さんの「和菓子スタジオへちま」ホームページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

210号特集のお食事拝見 米山さんのクッキー

Dsc_0979
今号の生活特集は「元気で長生きは食事から」
たんぱく質をしっかりとり、バランスよくいろいろ食べる
生活の仕方をいろいろな角度から編集しています。
バランスよく食べるための書き込み表も好評です。
Dsc_0985_2

上は「お食事拝見」実例の米山さん(76)の記事。
重いものや、使い勝手のよい冷凍品は宅配で。
週に2,3度、新鮮さを優先する野菜や豆腐を
お店で買い足し、ひとりでも偏らない食生活を
実践しています。
Dsc_0976_2
その米山さんが、今日どっさり届けてくださったのが、
一口サイズのコーンフレークボールと、
素朴な形のアイスボックスクッキー(上写真)。
楽しいお茶の時間になりました。
長く主婦として一家を支えて来られた方の実力は、
すばらしいですね。
------------------------
★明日の友209号[春]は、おかげさまで好評をいただき、
すでになくなってしまった書店もあります。
小社にお電話いただけましたら、
代金あと払いでお送りしますので、どうぞ下記にご連絡ください。
注文係直通電話 03-3971-0102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

素材の味を生かす静岡の食卓

Photo Photo_2

桜エビ入りレタスのスープ(左)、冬瓜のツナあん(右)……。
206号のお料理は、温暖な気候に恵まれた静岡の海の幸、山の幸を使ったいつものお惣菜の数々。
国産の桜エビはほぼ100%駿河湾産、焼津港は鮪、鰹の漁獲高は日本でトップクラス。自然薯や細葱の産地でもあります。静岡・丸子の味噌仕立てのとろろ汁、鮪の山かけもお楽しみください。

お料理のご紹介は倉山保枝さん。静岡友の会会員で、藤枝市健康づくり推進協議会のメンバーとして20年間活動を続けていらっしゃいます。
残暑厳しかった撮影の日には、友の会の食グループの皆さんが、お手伝いに集まってくださいました(倉山さんは前列中央)。お陰さまで9品の撮影を順調に終えることができました。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)