旅行・地域

2016年5月 2日 (月)

『会津酒造図鑑』を手に、会津に、どっぷり。

___1_3

会津若松の旅の記事(2014年秋・212号)でお世話になった「へるめす編集工房」の鈴木里美さんが取材編集をした『会津酒造図鑑』が届きました。
会津は日本で指折りの酒どころ。添えられた鈴木さんのお手紙には「福島県は風評被害にうち勝つべく、各所で努力していますが、なかでも目覚ましいのは地酒です」とありました。
___2
会津の酒蔵めぐり総ガイドマップや各酒蔵の自慢の酒の紹介、お酒をつくる方たちの素敵な表情、会津のうつわや酒の肴まで紹介。
5月下旬の「酒蔵探訪のんびりウォーク」開催のお知らせもあります。
この1冊を手に、今すぐ、新緑の会津の旅に出かけたい気持ちになりました。
<お問い合わせ>
〒965-0037会津若松市中央3-10-12
℡0242-24-6312
パーフェクトあいづURL http://www.aizu-furusato.com/office/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

南房総 本物のスローライフに出会う旅 明日の友220号

___1_3

暖冬との前宣伝とは違って、寒さの厳しい毎日ですが、皆さまの地域はいかがでしょうか?
早春号の<旅・もの・出会い>では、ひだまりの南房総へ。
撮影は12月でしたが、早くも水仙がかわいい花を咲かせていました。
旅の案内人は木工職人の今井茂淑さん、琥珀研磨士でジュエリー作家の京子さん夫妻。鴨川から三芳、千倉などを巡りました。
◎今回ご紹介したのは
free style furniture DEW、うつわや+café 草 so, 大山千枚田、千葉県酪農のさと、多肉植物のショップBinowee、cafe&gallery Shiele、百姓屋敷じろえむ、セントシュバイン、レストランポカラ、道の駅 三芳村鄙の里など。
一足早い春の空気をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

白桃とネクタリンのハーモニー♪ 長野のワッサーをご存じですか?

Img_0586


ネクタリンに似ているけれど、少し歯ごたえがある不思議な果物ワッサー。甘味にさわやかな酸味が少し。長野県の読者Tさんをお訪ねした時に、初めていただきました。
まだ県内のみの販売。長野県須坂市の中村渡氏が経営する山根白桃とネクタリンの混植果樹園で自然交配された実生を選抜育成したものだそうです。優良な品種で平成2年11月20日に新種登録。
「ワッサー」という名前は、中村渡氏の子どもの頃の愛称とか。
おいしくいただきました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

金沢の「茶菓工房たろう」のお菓子――冬号の「旅 もの 出会い」でご紹介します。

__


金沢の『茶菓工房たろう』の「もりの音」と「地の香」。冬号「旅 もの 出会い」のページの取材のお土産です。和菓子のきめ細やかな味わいと現代的センスを生かしたパッケージの妙。
ほかに桐工芸や金工もご紹介の予定です。冬号をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

今週末、いよいよ「あいづまちなかアートプロジェクト」が始まります!

 

0194_001_453x640_2 
10月4日から11月3日まで、会津若松市で「あいづまちかなアートプロジェクト2014」が開かれます。通り沿いの古蔵や店舗内での漆芸作品展示や、さまざまなイベントが予定されています。全国から10の美術工芸大学の参加作品も!

 

明日の友・秋号では、「会津若松市・七日町の旅」をご紹介。

文は鈴木里美さん、写真は佐藤公亮さん、会津在住のお二人です。
漆工芸の魅力と共に、アートプロジェクトの会場になる「七日町を楽しむお店とマップ」も掲載(御蒔絵やまうち、鈴木屋利兵衛、漆工芸雙、リストランテパパカルド、渋川問屋、ほしばん絵ろうそく店、鶴乃江酒造、太郎庵七日町菓坊、満田屋、会津木履庵……)。

秋の一日、会津の旅を楽しんでみませんか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

UD・FUN旅に出かけよう! 今週土曜日は村岡花子と「赤毛のアン」の世界展へ。

夏号に「いつでも、だれでも、一生、地球のどこまでも」をご寄稿くださったトラベルデザイナーおそどまさこさん主宰のUD・FUNのお知らせです。
体に障がいのある人も体力に不安がある高齢者も、誰もが参加できる公共交通を使った旅。福祉の技術があり、旅が大好きな旅行介助ガイドが同行。
毎週土曜日、午前9時、JR東京駅集合です。詳細はHP http://traveldesigner.co.jp/

今月の予定
9/13  村岡花子と「赤毛のアン」の世界展へ
9/20 築地場外市場食材買い出し散歩と歌舞伎の幕見
9/27 靖国神社から千鳥ヶ淵を歩く皇居半周そよかぜウォーク。

続きを読む "UD・FUN旅に出かけよう! 今週土曜日は村岡花子と「赤毛のアン」の世界展へ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

最近、旅をしていない方へ  明日の友・夏号の特集は「旅をあきらめない!」

___4
 「夏の暑さが一段落したら旅行を」と、計画されている方も多いことでしょう。
日帰りの小さな旅でも、気分がリフレッシュして元気になれますね。
体力が落ちたなどとあきらめている方は、ぜひこの特集を。
トラベルデザイナー・おそどまさこさんの「いつでも、だれでも、一生、どこまでも」から、パワーと知恵をもらえます。
車いすで南米マチュピチュへ出かけた80歳のWさんはじめ、旅行代理店を上手に利用している、介護の合間に素敵な散歩、船でクルージングなど、素敵な旅人がたくさん登場。
「青春18きっぷでのんびり楽しむ列車旅」は紀行作家・芦原伸さんの寄稿です。
(イラストはヤマグチカヨさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

「旅の図書館」を訪ねてみませんか?

Photo_2

8月5日発売の夏号の特集は
「旅をあきらめない!」
その中でご紹介している「旅の図書館」は、国内外の旅行ガイドブックから、土地にまつわる読み物、研究書、雑誌、機内誌など、旅・観光に関する資料を自由に閲覧できる図書館です。

_dsc0010_4
_dsc0027_3各国、各地毎のファイルがあり、地元でしか手に入らない資料などもていねいに集められています。「北極」「南極」のファイルもあります!
行先が決まっていない人も、よいヒントが得られること、間違いなしです。

旅の図書館 (公益財団法人日本交通公社)
東京都中央区京橋1-1-1八重洲ダイビルB1 
電話03-3516-6100 http://www.jtb.or.jp./library/
東京駅八重洲中央口から徒歩3分
月~金 10:00~17:30 
土日祝日、年末年始(12/29~1/4)休館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

今治の「FMラヂオバリバリ78.9MHz」で

Jpg_3

6月4日(水)、今治の「FMラヂオバリバリ78.9MHz」、朝10時からのコーナーで、明日の友210号をご紹介していただきます!

210号の旅は、今治タオルのまちへ。
誌面では、ふんわり柔らかなタオルやマフラー、市場にならぶ柑橘類、今治の人たち……、おいしそうな海の幸やドリップコーヒーのお店も紹介しています。

日本人なら誰でも知っている今治タオルも、中国からの安い輸入品に押された危機があったそうです。ブランドの確立と新たな可能性の開拓に、知恵と力を結集した年月が今につながっているのでした。
タオルソムリエ、さいさいきて屋、種からタオルマフラー、たてよこよろけもじり織り……。
こんな不思議なことばの正体は、記事でご覧ください。

撮影は徳島県鳴門市在住で、瀬戸内海の表情を知り尽くしたカメラマン、湯本一生さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

明日の友読者の集い(バスツアー)は我孫子、佐倉の博物館と花の旅

203号「人は旅して」第19回は 沼に寄り添う二つの町――我孫子、佐倉。

筆者の東理夫さんと、読者のみなさんと、
ふだんなかなか行けない博物館や花の名所を訪ねました。
_dsc0629_4 _dsc0635
8時に池袋を出発。最初に訪れたのは我孫子市 鳥の博物館。
手賀沼の鳥や、鳥の進化、世界の鳥など興味の尽きない展示です。
好きな鳥の声が聞ける本を買った方も。

_dsc0695_dsc0691

佐倉草ぶえの丘のバラ園は珍しいバラが見頃。
_dsc _dsc0_2
ミスターローズこと育種家の鈴木省三コーナーでは、
先生の作出した「芳純」と「新雪」も間近で見られました。
_dsc0708
佐倉城址公園の花菖蒲園を歩く読者のみなさん。
地元に住む読者のSさんが、先頭で案内してくださいました。
秋の「読者の集い」は歌舞伎鑑賞会です。
こちらもどうぞ、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧