« 明日の友231[早春]号は2月5日発売。生活特集は「人生100年時代のフレイル予防」、対談は「人生の舞台と楽屋 池田理代子*鶴我裕子」です。 | トップページ | 燭楽亭のショコラティエ・横田高明さんは経済学者 »

2018年2月 9日 (金)

新刊本「いのりの海へ 出会いと発見 大人の旅」講演会!!!

’04年春号より、’10年早春号まで、

歴史や文学とからめながら、日本各地を紹介してきた
渡辺憲司氏の紀行文、
「たまさか紀行」。連載中から反響の大きかったこの記事に
最近の旅4篇が加わり、一冊の単行本にまとまります。
「いのりの海へ 出会いと発見 大人の旅
A180205_005
四六判232ページ。巻頭カラー6ページ。1500円+税
お申し込みは、下記記載の婦人之友社連絡先まで。
サイン本をご希望の方は、明日の友232号、107ページ
アンケート用紙よりお申し込みください。
筆者、渡辺憲司氏は、立教大学教授、立教新座高校、中学校長を経て
現在は自由学園最高学部長。
東日本の震災の年、
卒業式が行われなかった立教新座高校の卒業生に向けて送った
メッセージ、「時に海を見よ」は多くの人の心に残りました。
今回は、連載「たまさか紀行」を中心に、
先生が新たにどうしても伝えたい、と願われた
熊本、水俣の不知火の海、福島浜街道、そして
千葉館山のかにた婦人の村、周南の回天記念館が加わりました。
歴史、文学、そこに暮らす人の気持ち。
自問自答しながら過去と現在を行きつすがめつ、
未来にも思いをはせる。
読んでいると、その空間だけでなく時間まで
旅している気分になります。
皆様どうぞ、本書で自分なりの「旅」をお楽しみください!
さらには、出版記念講演会が2か所で行われます。
●4月25日(水)池袋 自由学園明日館講堂
「旅の醍醐味」
渡辺憲司氏×酒井順子氏(エッセイスト)
「負け犬の遠吠え」で講談社エッセイ賞と婦人公論文芸賞受賞の
酒井順子氏は、旅行好きで、電車や甘味など、
様々なテーマでの紀行文を出されています。
シャープで丁寧な筆致のエッセイのファンはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
お二人の旅の楽しさをたっぷりお話いただきます。
開場 13時 開演 13時半~15時 終了後サイン会。
会費 1000円(当日払い)
定員200人
申し込み方法 
tomomail@fujinnotomo.co.jp
まで、お名前、ご住所、お電話番号、参加人数、を明記し、
件名に「4月25日講演会申し込み」とお書きください。
FAXの方は 03-3982-8958 に、上記と同じ項目をお書きの上、
お送りください。
4月7日までにお返事をお送りいたします。

●3月28日(水)銀座 銀座 セントポールズサロン

13時開場 13時半開演 14時半終演 サイン会あり
会費1000円(当日払い)
渡辺憲司氏単独のお話の会
「時に海を見よから いのりの海へ」
上記同様、件名に「3月28日講演会申し込み」と
お書き添えの上、お申し込みください。
3月10日までにお知らせをお送りします。
どちらもお問合せは婦人之友社まで。
03-3971-0101

|

« 明日の友231[早春]号は2月5日発売。生活特集は「人生100年時代のフレイル予防」、対談は「人生の舞台と楽屋 池田理代子*鶴我裕子」です。 | トップページ | 燭楽亭のショコラティエ・横田高明さんは経済学者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593041/66374582

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊本「いのりの海へ 出会いと発見 大人の旅」講演会!!!:

« 明日の友231[早春]号は2月5日発売。生活特集は「人生100年時代のフレイル予防」、対談は「人生の舞台と楽屋 池田理代子*鶴我裕子」です。 | トップページ | 燭楽亭のショコラティエ・横田高明さんは経済学者 »