« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月26日 (金)

もらって幸せ 送ってたのしい「絵封筒」を 

12729109_685648218205069_38053429_2
素敵な絵手紙や絵はがきをお送りになる方は多いことでしょう。
今回ご紹介するのは、絵封筒です。
218号に「読者のたより」宛に、絵封筒の楽しみについてお便りをくださった堀内さん。
カラーで是非みなさんに見ていただきたいと思い、220号に封筒の作りかたも併せて掲載しました。
その記事をご覧になった読者から、「自分は描くのは苦手ですが…」と、きれいな包み紙で作った封筒で、早速お便りが届きました。

続きを読む "もらって幸せ 送ってたのしい「絵封筒」を "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

「猫が教えてくれること」 対談 明日の友220号

Img_0890_4  
対談のタイトルページ、カメラマン佐藤克秋さんのお宅のチンチラさんにご登場いただきました。素敵な瞳にうっとりです。
お話は今泉忠明さん(哺乳動物学者)と森下典子さん(エッセイスト)。
猫と人間は9500年前から一緒に暮らしているそうです。
猫に癒しを求めがちな私たちですが、「猫も癒される社会になると、本当に成熟してきたということかも」とお2人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

いがりまさしさんの写真集と音楽CD

Dsc_3321

『明日の友』連載の「野の花写真塾」でおなじみの
いがりまさしさんの、野の花の写真集と
自らが奏でるネイチャーフォークのCDが
発売になりました!

Dsc_3324
Dsc_3325

四季折々の野の草花の写真を眺めながら、
ギターやケーナのやさしい音色に耳を傾けていると、
里山でまどろんでいるような、心地よい気分になります。
みなさまもどうぞ、お手元に。

●いがりさんのホームページからのご購入はこちら

●アマゾンからの購入はこちら↓

写真集『草と木の組曲』 

音楽CD 『名もなき旋律』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

明日の友220[早春]号は2月5日発売。生活特集は「がんばり過ぎないシニアごはん」、健康特集は「増える心臓弁膜症」です。

220_3

婦人之友社からのご購入はこちらへ↓

●TEL    03-3971-0102 

●FAX    03-3982-8958(24時間受付)

●E-mail  tsuhan@fujinnotomo.co.jp


婦人之友社ホームページからの購入はここをクリック

 

(1冊送料100円 年間購読4350円/6冊


バックナンバーはこちらから


●アマゾンからの購入はこちら

Fujisanからの購入はこちら

●楽天ブックスからの購入はこちら


220号【早春】

【生活特集】
ひとりごはん ふたりごはん
野菜の食べきり 時短の工夫
[実例]ふたりごはん 手早くととのう野菜たっぷりの食卓 植田容賦子さん
[実例]ひとりごはん 調理方法はシンプルでも滋味豊かに 佐藤宏子さん
“寒干し”のすすめ 干し芋と切り干し大根(いか干し) 田中美登子さん
 
がんばりすぎないシニアごはんのこつ 堀江ひろ子
[献立1]ソースにも技あり!魚の鍋照り焼きを中心に
[献立2]時短なのにおいしい!やわらか胸肉カレー
[献立3]留守番の夫の晩ごはんに最適!沸騰すればOKの鍋
 
展開料理で野菜を食べきる
白菜の「もと」/大根の「もと」/南瓜の「もと」
病気やけがにもあわてない

【健康特集】
高齢者に起こる大動脈弁狭窄症
高山守正 榊原記念病院副院長・循環器内科部長
心臓からのSOS
高齢者の誰もがなる可能性
一般的な治療法は外科手術
1年に1回は「聴診」を
明日の友保健室 微熱がある 回答 山本公弘

【対談】
猫が教えてくれること
今泉忠明(哺乳動物学者)
森下典子(エッセイスト)
【東日本大震災から5年】
福島に暮らす人を記憶にとめて 南相馬市・牛来承子
みんなでつくってみんなで食べる 仙台友の会≪えんがわ≫の活動

続きを読む "明日の友220[早春]号は2月5日発売。生活特集は「がんばり過ぎないシニアごはん」、健康特集は「増える心臓弁膜症」です。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

南房総 本物のスローライフに出会う旅 明日の友220号

___1_3

暖冬との前宣伝とは違って、寒さの厳しい毎日ですが、皆さまの地域はいかがでしょうか?
早春号の<旅・もの・出会い>では、ひだまりの南房総へ。
撮影は12月でしたが、早くも水仙がかわいい花を咲かせていました。
旅の案内人は木工職人の今井茂淑さん、琥珀研磨士でジュエリー作家の京子さん夫妻。鴨川から三芳、千倉などを巡りました。
◎今回ご紹介したのは
free style furniture DEW、うつわや+café 草 so, 大山千枚田、千葉県酪農のさと、多肉植物のショップBinowee、cafe&gallery Shiele、百姓屋敷じろえむ、セントシュバイン、レストランポカラ、道の駅 三芳村鄙の里など。
一足早い春の空気をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »