« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月15日 (月)

Kousha 飯高幸作さんの器・早春号のお料理の撮影に

___4

週末、北越谷の飯高幸作さんの工房Koushaにお伺いし、早春号のお料理撮影用に器をお借りしました。
飯高さんはサラリーマンから転身、数年間、笠間で修業をなさった作家さんです。
http://blog.iitaka-kousaku.com/


___2

以前、Koushaに立ち寄ったとき、「明日の友? 母が読んでいますよ」との嬉しいお話にびっくり。初夏号では「オイルサーディンのカナッペ」にお皿を使わせていただきましたが、早春号はもっとたくさんお借りする予定です。金曜日の撮影が楽しみ!2月5日発売号です。
Koushaは工房・ギャラリー・カフェのある素敵な時間が流れているお店です。kousha-921.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

大きな梨がとどきました。

岡山の読者、山科さん(p50に 投稿掲載)からです。

直径14センチ、重さ1キロと69グラム。 
有難うございました!

Dsc_1899
Img_20141210_113009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

寒い晩に、飛鳥鍋、ミートパイはいかがですか?

Dsc_0242_2

 

213号のお料理は奈良県・谷妙子さんの「温かく囲む食卓」。
13代続く林業の家に嫁いだ谷さんが、長年、大人数のもてなし、世代を超えた日々の食卓を用意してこられた中からのレシピです。
飛鳥鍋は牛乳をつかったお鍋。奈良の郷土料理で、飛鳥時代に唐からの渡来人が山羊の乳で野菜や鶏肉を煮込んだのが始まりとか。

Dsc_0310

ミートパイは若い世代にも人気の一品。このほか、チーズ茶碗蒸し、お刺身サラダ万能ソース添え、雪見汁、しゅうまい、人参のポタージュなど。
きょうの晩ごはんに、次の会食の機会に、おいしくてすぐ役に立つレシピです。
(撮影・泊浩久)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

『明日の友』冬号・対談は渡辺和子さん 菅原由美さんの「神様のポケットにほほえみを」。

Dsc_06972 

冬号は本日発売です。
対談は、渡辺和子さん(ノートルダム清心学園理事長)と菅原由美さん(全国訪問ボランティアナースの会キャンナス代表)。
クリスマス、年の瀬に向け、身近な人、遠くにある人と心を通わせるにはどうしたらよいか、おふたりが長年の経験から語ってくださいました。
珠玉の言葉の数々を、ゆっくりとお読みください。
(撮影/泊浩久 ノートルダム清心学園で)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

明日の友213[冬]号は12月5日発売! 生活特集は「不要品の手放し方」、健康特集は「長引く咳・つらい息切れ」。対談に渡辺和子さんがご登場です。

213

全国の「婦人之友社特約書店」はこちらです

婦人之友社からのご購入はこちらへ↓

●TEL    03-3971-0102 

●FAX    03-3982-8958(24時間受付)

●E-mail  tsuhan@fujinnotomo.co.jp


婦人之友社ホームページからの購入はここをクリック

 

(1冊送料100円 年間購読4350円/6冊


バックナンバーのご購入はこちらへ


●アマゾンからの購入はこちら
fujisanからの購入はこちら   
●楽天ブックスからの購入はこちら/a>

213号【冬】


【対談】
神様のポケットにほほえみを
渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)
菅原由美(訪問ボランティアナースの会代表)

【生活特集】
使わなくなった物
上手に手放す・役立てる
実例 実家2件を大整理、残した物を大切に
物を送ってできる社会貢献 寄付受付団体宛先集
トラブルのない回収業者/遺品整理業者の選び方

【健康特集】
長引く咳 つらい息切れ
大西 司
(昭和大学病院呼吸器科・アレルギー内科准教授)
咳は体を守る防御反応
増えている慢性閉塞性肺疾患(COPD)

【年金生活の家計】
医療費、在宅介護費はいくらかかる?
夫の長期入院 個室で入院費用が月30万円に
要支援2から要介護4へ 母の在宅介護の費用

続きを読む "明日の友213[冬]号は12月5日発売! 生活特集は「不要品の手放し方」、健康特集は「長引く咳・つらい息切れ」。対談に渡辺和子さんがご登場です。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »