« 明日の友 208[早春]号は2月5日発売!生活特集は「脳は100歳でも進化する」、健康特集は「腰痛、足のしびれ」です。 | トップページ | 「手が動く 心が動く 日置武晴 和菓子のプロセス写真」展 »

2014年2月 4日 (火)

和菓子ファンにも歴史ファンにも、おすすめです。「対談・和菓子 今むかし」

_dsc0030

「早春の和菓子といえば、うぐいす餅……」と金塚晴子さん。
「私は草餅でしょうか。昔、旧暦の3月3日に宮中の女官が野に出て草をつんでつくるところから”草のつみつみ”と呼ばれていたんです」と青木直己さん。

金塚さんはレコード会社勤務から一転して和菓子づくりを学び、注文菓子製作を始め、現在は「和菓子スタジオへちま」でお教室も開いていらっしゃいます。和菓子を手づくりにする魅力を語ってくださいました。
青木さんは長年、虎屋文庫研究主幹として、お菓子の文化歴史を研究された方。江戸城の大広間に2万個のお菓子が並ぶ嘉定の儀式や、南蛮菓子の歴史などを次々と。
おいしそうで珍しいお話満載の対談となりました。

(嬉しいお知らせ:春号から隔号で、金塚さんのお菓子のページがスタート。お楽しみに!)

|

« 明日の友 208[早春]号は2月5日発売!生活特集は「脳は100歳でも進化する」、健康特集は「腰痛、足のしびれ」です。 | トップページ | 「手が動く 心が動く 日置武晴 和菓子のプロセス写真」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和菓子ファンにも歴史ファンにも、おすすめです。「対談・和菓子 今むかし」:

« 明日の友 208[早春]号は2月5日発売!生活特集は「脳は100歳でも進化する」、健康特集は「腰痛、足のしびれ」です。 | トップページ | 「手が動く 心が動く 日置武晴 和菓子のプロセス写真」展 »