« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月10日 (水)

カメラマン 清水朝子さん個展

「この人とひとときを」や生活記事などで

素敵な写真を撮ってくださるカメラマン、

清水朝子さんの個展が開かれます。

誌面とは異なる、壮大な世界を楽しみに

お出かけになってはいかがでしょうか?

‘On Her Skin’

日時:2013年7月12日()~28日

(日)

開廊11:00-20:00 月曜休廊

場所:tokyoarts gallery 

   東京都渋谷区東2-23-8 電話:03-6427-6665

   http://www.tokyoartsgallery.com/

★清水朝子さん紹介記事

 http://web.canon.jp/scsa/newcosmos/gallery/2006/asako_shimizu/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

「ハンソンさん対談掲載」、紀伊民報にご紹介いただきました。

7月6日付、紀伊民報「紀伊文化」欄に、明日の友204号の対談「山の暮らし 川の旅」をカラーでご紹介いただきました。対談出席は、田辺市在住のイーデス・ハンソンさん(タレント・近畿大学客員教授)と、徳島県海部郡在住の野田友佑さん(カヌーイスト・作家)でした。

紀伊文化欄には、和歌山県立美術館の企画展「なつやすみの美術館3『美術の時間』」、画廊ビュッフェファイブの木版画展「BFアートセレクション」のご案内、俳句や短歌作品ほかが掲載されています。和歌山の夏を思い描きながら読ませていただきました。
お隣のページの「みんなの広場」には、小学生の俳句と詩、高校生のイラスト投稿などがあり、子どもたちの姿がいきいきと伝わります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

7月3日、能登朗子先生のビーズ教室

 

73日(水)、204号に掲載したビーズネックレスの

作者、

能登朗子さんによる、

ビーズネックレス講習会を婦人之友社で行いました。

 

予定人数を上回る応募者があったので

同日午後にもクラスを増設、17名の読者が集まりました。

 

_dsc0737

当日用意されたビーズの一部。

 

「好きなビーズを使って自分だけの

オリジナルをつくりましょう」という

企画だったのですが、

 

 

「何を選んでいいのか分からない」

「本に出ていたのと同じのがつくりたい」

 

などと、皆様ちょっと躊躇気味。

けれど、

きらめくビーズに次第に乙女心を刺激され、

 

皆さん素敵な1点を作り上げられました。

 

 

ビーズを選びながらどんどん表情が華やぎます。

_dsc0669 

 

 

試行錯誤しながらビーズを並べ...

_dsc0680

_dsc0706   

先生が丁寧に指導します。

 

_dsc0710

 

 

どなたの作品も個性豊かで本当にステキに仕上がり、

できあがる度に、みんなでほめあう

和やかな会でした。

 

みなさんの作品から。

_dsc0733

_dsc0742

_dsc0780

 

_dsc0752

みなさん、嬉しそうに自分だけの一点を

首にかけて帰られました。

能登朗子さんの作品は、

現在、常時150点ほどが

高田馬場サニーサイドというライブハウスに

展示されています。

 

音楽を楽しみながらビーズをご覧になっては

いかがでしょうか。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

鎌田實さん(医師)と石井光子さん(保健師)の205号対談「長野に学ぶ幸せ長寿の秘訣」、編集中です。

長寿日本一になった長野県の健康管理、生活改善の歩みを鎌田實さん 、東京の新興住宅地での地域保健の取り組みを石井光子さん、エピソードとユーモアたっぷりに語ってくださいました。

「僕たちは命の長さのオリンピックをしている訳じゃない。健康は幸せに生きるための道具で、長寿日本一が目的ではないんですよ」と鎌田さん。「現役時代は余裕がなくて続かなかった運動も、今は楽しくて! 健康のためにしなくてはとの義務感ではなく、いかに楽しくやるかが大事と実感しています」と石井さん。

★長野で長く推し進めてきた5つの生活習慣など、すぐに役立てていただけるポイントも、お伝えする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »