トップページ | 2013年5月 »

2013年4月25日 (木)

我孫子、佐倉を訪ねました

   

_dsc0318_2203号の「人は旅して」は我孫子と佐倉。

我孫子が「北の鎌倉」と呼ばれているのは、著名な作家や陶芸家、文化人が住んでいたから。柳宗悦、志賀直哉、バーナード・リーチなどの足跡をたどり鳥の博物館へ。佐倉では国立歴史民俗博物館、くらしの植物苑、草笛の丘などを訪ねました。(写真は柳宗悦の住まいであった三樹荘脇の坂)



★『明日の友』読者の集いの参加募集中です。

 6月6日(木) 東理夫さんと行く鳥の博物館、佐倉・国立歴史民俗博物館、バラ園の旅(詳細はp121) 申込締切4月末日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

読者のみなさんからのお便り

Photo_6
婦人之友社中庭です。ツツジも咲き、芝生も青くなってきました。

203

明日の友春号発売から2週間。
今回も読者のみなさんから、とじこみの用紙を使い、
FAXや手紙で読後感や近況報告が続々と届いています。

「頭の体操に早速とりかかり、半日がかりで達成でき、
83歳まだまだやれる、脳の訓練がきたと喜びました。」
「対談、小説、いつも楽しみにしています。
脳を鍛えるシリーズや、
しみ抜き、ストレッチ体操など、嬉しく読んでいます」
誌面から刺激を受け、前向きに暮らす姿勢に励まされます。
どうぞ皆さんもお手紙をお寄せください。
(パソコンが得意な方は、ブログへのコメント欄や、
以下のアドレスへもぜひ、感想や日頃の思いをお寄せ下さい)

asunotomo@fujinnotomo.co.jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

お近くの書店の「フェア」にお出かけください。

Photo_2

Photo_3 Photo_5



写真は熊本市の「長崎書店」

       http://nagasakishoten.otemo-yan.net/

「婦人之友創刊110周年フェア」を以下の書店で開催中です。

『婦人之友』、明日の友』、かぞくのじかん』ほか、

和洋中の料理、常備菜、シニアの食卓、シンプルライフシリーズなど、実用書も多数ご用意しております。

どうぞ、お出かけください。(取り扱い書は店舗によって異なります)。


仙台「ブックスみやぎ」 終了 3/1(金)~3/31(日)
●仙台「ヤマト屋書店 仙台三越店」 開催中 3/12(金)~
●東京池袋「旭屋書店 池袋店」 開催中 3/29(金)~4/12(金)
●仙台紀伊國屋書店 仙台店」 開催中 4/1(月)~
●仙台「ジュンク堂書店 仙台TR店」 開催中 4/7(日)~5/31(金)
熊本「長崎書店」  開催中 4/5(木)~5/6(月)
東京池袋「ジュンク堂書店 池袋店 開催期間 5/1(水)~5/31(金)
東京銀座「本の教文館」 開催期間 5/8(水)~5/31(金)
東京新宿「紀伊國屋書店 新宿南店」 開催期間 5/8(水)~5/31(金)
●川越「紀伊國屋書店 川越店」 開催期間 5/10(金)~5/31(金)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

「春のゼリー」を食卓に 重野佐和子さん

122_2 

食欲がないとき、起きたてで食がすすまないときなど、きれいで口当たりの柔らかなゼリーはうれしいものです。
203号に人参やグレープフルーツのジュース、苺、抹茶とヨーグルトをつかったゼリーを紹介してくださったのは、料理研究家の重野佐和子さん。ご自身の大腸がん手術の経験を通して、おいしく安心して食べられる料理や、お菓子の研究に取り組んでいらっしゃいます。今号から連載「からだにやさしいスイーツ」がはじまります。
ゼリーは子どものおやつと考えず、大人の食卓でも気軽に登場させたいですね。

116

重野さんのレシピはとても手軽です。
わが家でも夕食の片付けの後などに、小さなグラスにいろいろなゼリーをつくるようになりました。朝食に添えたり、夕食後にちょっと一口と、家族に好評です。
きょうは野菜ジュースとリンゴジュースをつかって。
編集部のOさんは、88歳のお母さんのために、完熟トマトをつぶしてゼリーに。「喉ごしがよく喜んで食べてくれた!」そうです。

皆さんも、どうぞ楽しい工夫をお知らせください。( I )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

明日の友 203[春]号が発売中。健康特集は「うつ病」、生活特集は「住宅リフォーム」です。

203jpg

明日の友203号<春> 目次
健康特集    「うつ病」はあせらず治す
「何もかも億劫」は年のせいではなく、病気のサイン
公益財団法人神経研究所・晴和病院 顧問 広瀬徹也
うつ病はどんな病気? /他の病気との関係 
治療・休養と薬、運動でゆっくり改善 /実例 大病後にうつを発症
家族や周囲の人のかかわり方    井藤佳恵
        住民が相互に語り合うサロン活動
     (岩手県久慈地域・こころの健康づくり事業)大塚耕太郎 酒井明夫
対談    歌とともに生きる      
            歌手 菅原洋一
            声楽家 安田祥子
生活特集    自分らしく暮らす住宅リフォーム
からだの変化に応える住まいに/6つのポイント    菊池邦子
実例1 理学療法士と建築家の協力で自立した生活を      
快適で、からだを甘やかし過ぎない家づくり  佐藤史子さんにき
小さな手すりと踏み台が大活躍    秋山重樹
集合住宅のリフォーム前に/実例2 中古マンションを住みやすく
創刊40周年に寄せて   
高齢社会に育てたい「住まいの思想」    吉岡亮介

続きを読む "明日の友 203[春]号が発売中。健康特集は「うつ病」、生活特集は「住宅リフォーム」です。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大石芳野さん写真展「福島FUKUAHIMA土と生きる」

Photo

203号「この人とひとときを」でご紹介した 

大石芳野さんの写真展が開かれています。

お近くの方はお出かけ下さい。

2520_001

4月12日(金)まで
10:30-19:00(最終日15:00まで)
コニカミノルタプラザ ギャラリーC
JR新宿東口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

菅原洋一さん 安田祥子さん対談

_dsc0074

203号は明日発売です。

対談「歌とともに生きる」は、長いキャリアを積んでこられたお二人。
「ゆっくりお話しするのはこれがはじめてですね」と、
楽しく語って下さいました。
安田さんが「赤とんぼ」に込められてきた思い、
菅原さんがタンゴを歌い始めたきっかけなど、次々に飛び出すエピソード!
どうぞお楽しみください。

●お知らせ
■由紀さおり・安田祥子コンサート
5月24日(金) 午後6時30分より
渋谷区民総合文化センター大和田 さくらホール
問い合わせ 安田音楽事務所03-6234-4833 

菅原洋一さんのCD
「ビューティフルメモリー 我が心の歌
──80才の私からあなたへ──

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

婦人之友社 創立110周年と表紙原画展

婦人之友社は、今日4月3日で創業110周年。

月刊誌『婦人之友』も110周年、
『明日の友』は40周年で、
婦人雑誌・中高年向け雑誌の
最長寿記録を更新中です!


_dsc0056
自由学園(創立者、羽仁もと子が設立)からは
生徒が育てた花々が届けられました。
_dsc0073_2
新聞社、印刷所、紙屋さんからもお祝いのお花が届き、
いつになく華やかなホールです。
_dsc0081 _dsc0077
東京第一友の会(婦人之友の愛読者の集まり)
の心づくしの松花堂弁当で、昼食会が開かれました。


_dsc0067
雨にけむる桜の向こう側は自由学園明日館です。


Photo_2 Photo_4
 (クリックすると拡大します)


5月には110周年の感謝をこめて、

「婦人之友表紙と子供之友」原画展
     色彩のパレード

が、自由学園明日館で開かれます。
4月5日発売の『明日の友』春号の91ページに
お知らせと優待券がありますので、
お誘い合わせの上、ぜひお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

204号「つくる」のページ

6月5日発売の明日の友204号「つくる」ページの撮影が

終わりました。

ビーズ作家の能登朗子さんが「おしゃれで、

明日の友世代につくりやすいものを」と

考えてくださった素敵なロングネックレスの数々、

どうぞお楽しみに。

Sa130327_137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

明日の友 203[春]号は 4月5日 発売です

203jpg_4

創刊40周年を迎えた『明日の友』203号。

編集部のサイトがスタートしました。

「初めてだから挑戦したい!」と考える人は、

いつまでも脳が成長するそうです。

(p49「脳を鍛える」 加藤俊徳氏)

パソコンだけでなく、携帯電話、

スマートフォンからもこのページを

見られますので、

ぜひアクセスしてみてください。

目次は以下からご覧ください

続きを読む "明日の友 203[春]号は 4月5日 発売です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2013年5月 »